RSS
 

きゃらブキのレシピ

ネット店担当の阿部です。

通販の女性スタッフが、きゃらブキを持ってきてくれました。

きゃらブキは山フキの佃煮のことなんですが、

女性スタッフが作り方を教えてくれましたのでご紹介します。

きゃらぶき

1.山フキは近所の山の斜面に5月末から自生していますのでそれをとってきます。
スーパーで売ってるフキに比べてスリムです。

2.本来フキは、すじを取るのですが、山フキは葉だけを切って、すじ取りなし!!
(超カンタン!!)(手も汚れません!!)

3.一口サイズに切ったら、米のとぎ汁で下ゆで。
 (すじを取ってないので、長めに下ゆでしてもOKです)

4.水で洗ったら、酒(目分量)、お醤油(我が家は山形のお醤油 味まるじゅう
お砂糖(びっくりするくらい沢山いれる!!)
とにかく全て目分量。信じるのは自分の味覚のみだそうです。

5.たっぷりの調味料でコトコト鍋をひっくり返しながら煮る。

6.つくだ煮をイメージしてください。そのようになったら完成で〜す。

7.さめると、すじがシコシコした食感になり、このあたりでは
 ”お茶のこ”と言ってお茶する時のおつまみに出します。

お茶のこさいさいという言葉の語源もお茶のこからきています。

おちゃのこはお茶に添えられる食べ物の事で、簡単に食べられる

ことから簡単にできることの例えになったようですね。

山フキが手に入れる事ができる方は、この「きゃらブキ」作りに挑戦してみてください。美味しいですよ。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ